Toyo理工学部 生体医工学科

大学院理工学研究科 生体医工学専攻

山内 康司

医療と福祉を支えるものづくり

本研究室のテーマは,「命を支える工学技術」です.具体的には,新しい発想で診断や治療につながる機器や手順を開発することで,医療に携わる医師や看護師を助けたり,高齢者・障害者がよりよい生活を営めるような社会をつくることがテーマです.医療福祉機器の開発は,ひとりではできません.人体や医療の知識はもちろんのこと,機械工学や電気工学,知覚心理学,情報工学など,幅広い分野に関わる必要があります.したがって,他分野の人たちとコラボレーションして仕事を進める能力が求められます.

こちら (教員が語る「学問の魅力」)もご覧下さい